toggle
2017-06-21

大阪に引っ越しをしました【子連れ荷造りのコツ3つ】

The following two tabs change content below.

ままめろ

年中息子のぷに丸と0歳娘ぷに子を育てています。 このブログでは、基本ダラな私の幼児教育、育児、日々の暮らしについて書いていきたいです。 可愛いものが大好きです♡

お久しぶりです。
四月に夫の転勤に伴い、名古屋から大阪に引っ越してきました。

スポンサーリンク



2歳子連れでの引っ越しで大変だったこと

とにかく毎日過ごすだけもせいいっぱいなのに、それに加えて荷造りとか本当に無理!です。
とは言えやらなくてはしょうがないので、毎日少しずつ荷造りをしていくことにしたのですが。

息子、引っ越し二週間前に入院しました\(^o^)/
どうでもいいけどオワタ、で\(^o^)/オワタって変換できるウインドウズ10ってすごいですね…

多型滲出性紅斑だったのですが(この件に関してはまた詳しく書きます)
一週間がっつり入院となり、退院した日には引っ越しが一週間後に迫っているという有様でした。

私も付き添い入院をしていたので、一週間時が止まっていたのも同然でした…
結局にっちもさっちもいかなくなり、実家の親に泣きついて子供の面倒を見てもらいながらなんとか荷造りを終わらせました。

いやー辛かったです。
転勤族なのでまた数年後に引っ越し、とか考えたくないですね。
というわけで備忘録も兼ねて、

子連れの引っ越しでやっておくべきだったこと3つ

楽々パックにしておく

いきなり身もふたもない結論ですが、ほんとこれに尽きます。
会社が引越し代は負担してくれるとはいえ楽々パックとかは別料金だったのでやめたんですが、
お金で解決できるのであれば解決すべきでした。
繁忙期だからできるだけ頼むんじゃない!とかマニュアルに書いてありましたが知ったことか。

アート引越センターにする

回し者か。
これも会社指定の業者だったから無理だったんですが。
食器をひたすら包んでいく作業が一番大変でした!
しかももらった梱包材じゃあきらかに足りなかったですし…
エコ楽パックがあれば…とずっと思いながら作業をしていました。
エコ楽パック、アート引越センターの特許なんですね。購入もできない…( ;∀;)

割れ物はできるだけ買わない!増やさない!という強い意志を引っ越し後はもつようになりました。
プリンの瓶コレクターでしたが全部捨てました…そんなにプリン作らないし。

ものを増やさない

結局これに収束しちゃうお話。
ミニマリストが流行るわけだよなーと思います。
日々の生活や掃除も楽になりますし、ミニマリストとはいかないまでも
できるだけ身軽になるよう心掛けたいと思います。

というわけで引っ越してきたので、食べ歩きなどを中心にまた更新できたらなあと思っています。
よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA